留学体験談
  • ブルゴーニュ大学
    フランス語教育センター(CIEF)
    (フランス)
    栁 知美
    参加時
    多文化社会学部3年生
    留学期間
    2016年8月29日~9月23日
    参加動機
    フランス語はもちろん、フランスの食文化、建築、絵画、そして移民社会に関心があったからです。日本を離れて暮らしてみることで、驚きや感動と同時に、納得できない慣習もありましたが、客観的に日本の良いところ、悪いところが分かり、視野が広がったと思います。
    留学先での生活
    平日は授業後に皆でスーパーに買い出しに行ったり、共同キッチンで料理をしたり、寮に住む様々な国の人と喋ったりしてました。休日は、とにかく現地でしかできないことを楽しみました。パリやストラスブールへの観光や地方の小さな仮装祭りに参加したり、ワイン貯蔵庫でのテイスティングなどをしました。
    授業の様子
    授業は10人程度の少人数制で様々なバックグラウンドを持つ人たちがいました。私のクラスでは主にreadingやlisteningの授業があり、毎週のテストでは自分の成長が分かるようになっています。また、授業の中で『tintin』という漫画の吹き出しに言葉を加えたり、自国の文化について話したりしました。
    費用
    航空券、授業費用、寮代、海外保険等に約40万円かかります。それとは別に現地では、食費、交通費、観光費用など私は10万円くらい使いました。学食は3.25ユーロで割と安いのですが、外食は高いので観光に行ったとき以外は、皆で自炊をして楽しみました。フランスはセールやmuseéが無料開放される日もあるので現地の情報にアンテナを張ることをおススメします。
    留学後の感想
    私は3年の夏休みに参加したこともあり、自分の大学卒業後の進路について考える良い機会になりました。現地で生活し、現地の学生と関わることで、自分が好きなこと、将来したいことが見えてきました。
    後輩へのアドバイス
    大げさですが、フランスへの短期留学は、たった1か月の滞在でも、自分の価値観や生き方に良い意味で大きな影響を与えると思います!限られた期間の中で、たくさんのことを吸収するために、留学前に目標を決めて、行動することをお勧めします。見て、聞いて、食べて、フランスでの生活を楽しんでください!
  • カリフォルニア州立大学
    モントレーベイ校
    (アメリカ)
    谷口 幸弥
    参加時
    工学部2年生
    留学期間
    2016年8月29日~9月16日
    参加動機
    「夏休みに3週間ほど留学した方がいいですよ。」と教授に勧められたことがきっかけでした。一番時間に余裕があるのは大学生、特に1,2年の時だと思うこともあり、このプログラムに参加することを決意しました。
    留学先での生活
    昼休みは2時間ほどあり、昼食後は広くて自然が豊かなキャンパス内の散歩やキャンパス内の売店で買い物をしてました。授業後や休日はホストファミリーが海や観光地に連れて行ってくれたり、みんなと話し合ってこのプログラムでは行かない観光名所を訪れたり、スポーツを楽しみました。
    授業の様子
    ライティングやアメリカ文化の授業で、いくつかの班に分かれて、自分たちの英語力で他の班と競争する授業(テーマに関連する英単語を多く書く、英単語の推測など)が行われ、ゲーム感覚で楽しかったです。長崎大学以外の日本の大学の学生も参加していて、明るく積極的な人たちでばかりですぐに仲良くなることができ、授業時間も休憩時間も多くの会話や雑談を楽しみました。
    留学後の感想
    多くの外国人や仲間と話す機会が多く、対人関係や英語に対する抵抗感が和らいだこともありましたが、それ以外にも役に立つ情報をたくさん知ることができました(税金、保険加入、Uber、クレジットカードなど)。これから先の学会発表や仕事、休暇などでもっと多くの国々を訪れてみたいと思いました。
    後輩へのアドバイス
    海外に行きたい気持ちが少しでもあるのなら、この研修でも、バックパッカーでも、行動してみるのがいいと思います。多くの場所に訪れ、多くの人々に出会うほど自分が知らなかった知識や情報も次第に増えるので、英語力の向上以外にも役に立つと思います。