帰国時手続き

帰国する際、以下の手続き・作業が必要となってきます。それぞれ内容を確認し、各自で忘れず行うようにしてください。わからないところがあれば事務室までおたずねください。
帰国者カードの提出
大学側が帰国後のフォローアップができるように、帰国後の住所、連絡先を「留学生修了者(帰国者)カード」(Excel)に記入して国際教育リエゾン機構事務室に提出してください。
帰国留学生オリエンテーションへの参加
帰国する留学生の方にオリエンテーションを実施しています。開催日時は掲示及びメールでお知らせしますので、参加してください。
国外転出届、国民健康保険料清算、国民年金の喪失手続き
帰国する2週間〜1カ月ほど前に、長崎市役所国民健康保険課及び市民課へ行き、国民健康保険証を返却してください。その時に、国外への転出届を提出し、国民健康保険料の清算及び国民年金の喪失の手続きも同じ窓口で行ってください。以下、必要書類です。
1. Eチケット 2. 住民異動届(3部複写) 3. 在留カード 4. 年金手帳
5. 国民健康保険証 6. 国民健康保険税の納付書
在留カードの返納
出国空港で、所持する在留カードに出国証印を受け入国審査官に返納します。ただし、再入国許可(みなし再入国許可を含む)を受けて出国する場合は、返却する必要はありません。
国際交流会館やアパート退去の申し出
国際交流会館は退去の1月前、民間アパートは決められた期日まで(通常退去の1~2ヶ月前)家主および管理会社へ連絡しましょう。申出が遅れると、余分に家賃を支払わなければならないこともありますので、気をつけてください。
電気/ガス/水道/携帯電話の解約
必ず電気、ガス、水道、電話などの解約手続きを行ってください。退去する日が決まったら(退去の1週間くらい前)電気、ガス、水道、電話、携帯電話の会社に使用停止の連絡をして料金を精算します。支払い方法についての指示を受けてください。
粗大ゴミなどの処理
不要なものを処分するときは、市町村のごみ出しルールに従ってください。特に大型ごみを捨てるときは、事前に連絡する必要があります。ホームページ(大型ごみについて)にて確認しましょう。 車、バイクなどの大型のものも責任をもって自分で処理してください。
郵便
郵便は日本国外への転送ができないので、国際教育リエゾン機構事務室へ帰国後の連絡先(住所など)を帰国前に必ず知らせてください。
※日本の車の運転免許証は返却の必要はありません。