短期語学留学

海外短期語学留学プログラムとは

短期語学留学プログラムは、夏休みと春休みを利用して3~4週間の語学研修を行うプログラムです。
  • 費用(2016年度参考)

    中国は19万円程度、韓国は12万3千円程度(授業料免除の場合)、19万3千円程度(授業料3割免除の場合)、フランスやドイツは35~45万円程度、アメリカは50万~55万円程度でした。
    ※実施年度によって異なります。
  • 単位認定

    このプログラムに参加して一定の成績を修めた場合、本学の教養教育外国語科目の単位として認定されます。
  • 募集時期

    プログラム毎に参加者募集説明会を行っています。説明会の日程等については、学部掲示板や国際教育リエゾン機構ホームページでご確認ください。
  • 問い合わせ先

    国際教育リエゾン機構事務室 メールで問い合わせる

2016年度参加者統計

合計71名

  • アメリカ
    カリフォルニア州立大学モントレーベイ校14名
  • フランス
    ブルゴーニュ大学フランス語教育センター(CIEF)4名
  • フランス
    アンジェ大学付属フランス語学センター(CeLFE)15名
  • ドイツ
    フライブルク大学付属語学教育センター9名
  • 韓国
    慶熙大学校国際教育院8名
  • 中国
    西北大学国際文化交流学院21名

留学の手続き(流れ)

  • 1
    参加者募集説明会
    (日程等は、各学部の掲示板、国際教育リエゾン機構事務室の掲示板やホームページでお知らせします)
  • 2
    申込
    国際教育リエゾン機構事務室に書類等を提出
  • 3
    選考
    応募者が募集人数を超えた場合のみ
  • 4
    出発前オリエンテーション
    2~3回程度(研修によって異なります)
  • 5
    出国
  • 6
    報告会・アンケートの実施
                 

研修先一覧

※2017年度の情報です。研修時期・費用については、変更になる可能性があります。
  • To.デラウェア大学付属イングリッシュ・ランゲージ・インスティチュート【アメリカ】
    時期
    8月下旬 3週間
    対象学生
    1、2年生
    内容
    受講クラスは、プレースメントテストの結果によって、レベルに応じて配置され、Listening、Speaking、Reading、Writingの4技能を組み合わせた統合型スキルの向上を目指します。また、現地大学生が参加する日本語学習者のサークル”日本語テーブル”があり、そのサークル学生との交流も行います。週末には小旅行も予定されています。
    認定単位
    未定
    単位認定の条件
    一定レベル以上のコースを受講し、修了した者
    滞在方法
    ホームステイ
    費用
    約60万円(授業料、宿泊費、渡航費、生活費、海外旅行保険料等)
    引率
    あり
    応募締切り
    5月末
    派遣実績
    なし
  • To.ブルゴーニュ大学フランス語教育センター(CIEF)【フランス】
    時期
    8月下旬から4週間
    対象学生
    フランス語Ⅰ・Ⅱの単位を修得し、フランス語Ⅲを履修中の学生*該当学生以外でも参加は可能。
    ※該当学生以外でも参加は可能だが、単位認定の対象としない
    内容
    受講クラスは、プレースメントテストの結果によって、レベルに応じて配置されます。月曜日から金曜日まで68時間の必修フランス語の授業(文法、会話、聞き取り、書く等)が行われ、視聴覚教材を使って、メディアセンターで自習することも可能です。その他、教養講座(文学、演劇、シャンソン、映画、哲学、政治経済など)を選択することもできます。また、国際学寮に滞在するので、他国の学生達と交流することができます。
    認定単位
    フランス語Ⅳ
    単位認定の条件
    初級コース以上への参加が認められ、修了した者
    滞在方法
    学生寮
    授業料
    約45万円(授業料、宿泊費、渡航費、現地サポート費、海外旅行保険料等)
    引率
    なし
    応募締切り
    6月下旬
    派遣実績
    6名(2014年度) 2名(2015年度) 4名(2016年度)
  • To.アンジェ大学付属フランス語学センター(CeLFE)【フランス】
    時期
    2月末から4週間(2014年度実績)
    対象学生
    フランス語Ⅰの単位を修得し、フランス語Ⅱを履修中の学生
    ※該当学生以外でも参加は可能だが、単位認定の対象としない
    内容
    月曜日から金曜日まで75時間のフランス語(文法、語彙、音声学等)と20時間のフランス文化の授業が行われます。文化の授業では、フランスの文化・歴史・社会の知識を深めるため、美術館、アンジェ城、中世の修道院、ワイン博物館等の学外での訪問が予定されています。視聴覚教材を使って、メディアセンターで自習することも可能です。大学構内のフランス人学生や留学生と同じ寮に滞在するので、他国の学生と交流することもできます。
    認定単位
    フランス語Ⅲ
    単位認定の条件
    修了テストに合格した者
    滞在方法
    学生寮
    費用
    (昨年度実績)約35万円(授業料、宿泊費、渡航費、現地サポート費、海外旅行保険料等)
    引率
    なし
    応募締切り
    9月下旬
    派遣実績
    15名(2014年度) 2015年度は中止 15名(2016年度)
  • To.フライブルグ大学付属語学教育センター【ドイツ】「ドイツ国際秋期コース」
    時期
    9月上旬から4週間
    対象学生
    ドイツ語Ⅰ・Ⅱの単位を修得し、ドイツ語Ⅲを履修中の学生
    内容
    受講クラスは、プレースメントテストの結果によって、レベルに応じて配置されます。月曜日から金曜日までの72時間、授業は全てドイツ語で行われ、暗記式、詰め込み式ではなく、実地の会話練習の中で文法的な決まりや言語の法則性を学習者に自ずと理解させるやり方が特徴的です。また、希望者は、ドイツ語で行われるドイツの文化や歴史についての午後の講義やエクスカーションに参加することもできます。滞在先の寮では、他国の学生とも交流することができます。
    認定単位
    ドイツ語Ⅳ
    単位認定の条件
    A1以上のコースへの参加が認められ、修了した者
    滞在方法
    学生寮
    費用
    約35万円(授業料、宿泊費、渡航費、食費、海外旅行保険料等)
    引率
    なし
    応募締切り
    6月上旬
    派遣実績
    11名(2014年度) 18名(2015年度) 9名(2016年度)

    8月開催の「日本人学生のためのサマープログラム」もあります。8月に前期試験を受ける必要がある学生は、必ず9月に開催される上記コースを選択してください。8月のコースへの参加を希望する場合は早めにご相談ください。
  • To.慶熙大学校国際教育院【韓国】
    時期
    9月から3週間
    対象学生
    韓国語Ⅰ~Ⅲを履修した学生
    内容
    受講クラスは、プレースメントテストの結果により、レベルに応じてクラスが配置されます。週4回は韓国語(文法、会話、聴解)の授業が行われ、その他に文化クラスまたは技能別クラス(作文・読解)を受けることができます。また、週1回の異文化理解のための課外活動等も行われます。研修期間中は、一人一人にチューター(韓国人学生)が配置され、勉学・生活面のサポートをしてくれます。
    認定単位
    韓国語Ⅳ
    単位認定の条件
    韓国語Ⅰ・Ⅱの単位を修得し、韓国語Ⅲを履修中の学生
    滞在方法
    費用
    授業料免除あり・・約12万3千円
    授業料免除なし・・約19万3千円
    (授業料、宿泊費、渡航費、海外旅行保険等)
    応募締切り
    6月下旬
    派遣実績
    13名(2014年度) 8名(2015年度) 8名(2016年度)
  • To.西北大学国際文化交流学院【中国】
    時期
    8月下旬から3週間
    対象学生
    中国語Ⅰ~Ⅲを履修した2年生
    内容
    プレースメントテストの結果により、レベルに合ったクラスで中国語の学習ができます。午前中は中国語の授業で会話力を上げることを目標とし、1クラス10人前後の少人数クラスで行われます。午後は太極拳、中国画や中国切り絵などの文化クラスがあります。また、学生の会話パートナーがつき、自由時間に出かけたりすることで、会話力を上げることができます。その他にも上海への小旅行が予定されています。
    認定単位
    中国語Ⅳ
    単位認定の条件
    中国語Ⅰ・Ⅱの単位を修得し、中国語Ⅲを履修中の学生
    滞在方法
    学生寮
    費用
    約19万円(授業料、宿泊費、渡航費、ビザ申請料、海外旅行保険料等)
    応募締切り
    6月末
    派遣実績
    9名(2014年度) 17名(2015年度) 21名(2016年度)
※これらの他、留学に関する資料やポスターが国際教育リエゾン機構事務室前(グローバル教育・学生支援棟2階)にありますので、ご自由にご覧下さい。